アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
硝子戸の中からピンポイントコラム
ブログ紹介
人の世(社会)には、毎日毎日いろんなことが起きる。私の小さな書斎から眺め感じたことなどをピンポイントで捉えた短い文書や写真で掲載する。欲張らずに「雑記」帳的につづるPin Point Columu。「硝子戸の中」は夏目漱石の小説からいただいた。
 (原則として、コメントに返事をお返しすることはありません)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ボランティアの安全とダムの放流に思う
 西日本の大豪雨で200人を超える死者・・・その映像をニュースで見るたびに、胸が締め付けられる思いになる。お年寄りが後片付けに疲れる様子も映し出される。自分の身に置き換えれば、呆然とする状態に陥っているだろう。  前回(7月9日)につづき、素人の私が思うところを書く。  一つは、ボランティアの奮闘する姿も映し出されるが、裸足で泥運び出している姿もあった。随分と昔のことだが、職場の仲間が水害に遭遇してわずか一日だけだが、お手伝いに出かけた。泥が家の至る所に入り込んでいる。土は重く、取り出すのに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/17 15:13
取り残される駅舎・社宅
取り残される駅舎・社宅  旧江若鉄道の近江今津駅舎跡。その向こうに見える三棟の建物は、JRの官舎だが、人が住んでいるようには見えなかった。国鉄時代は、さぞかし活気があったであろう。JR近江今津駅から少しばかり歩くとあった。  近江と若狭をつなぐ鉄道として計画された旧江若鉄道は、1931年に浜大津と近江今津間が開業し、1969年に廃線になった。大津京から京都までは意外と近い。近江今津からでも京都へは通勤圏だろう。JR湖西線の輸送密度はどれくらいだろう。そんなことを考えながら駅周辺を一周した。  腹ぺこになって、や... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/13 14:21
平成最大豪雨被害に思う
 200人近い死者行方不明者。マスコミは平成最大の豪雨被害と伝える。これだけ大きな被害の根本原因はなんだったのか。是非とも、専門家のみなさんは解明して欲しい。そして被災者の生活再建への支援を願い、素人ながらに思うことをいいたい。  第一に、予想もしない豪雨は、地球温暖化など異常気象に原因があるのだろう。しかし、主たる原因とは考えられない。私の地域でも、100年に一度とか、50年に一度などの災害に備え、ダムや堤防の嵩上げなどが行われてきた。一方で、地盤沈下や、土砂崩れなどは応急的対策のように思わ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/09 21:03
えぇー!あそこにドクターヘリ?
えぇー!あそこにドクターヘリ?  テレビも新聞も、梅雨前線停滞による豪雨被害を大きく報道している。消防のヘリコプーターが救助する映像も映し出した。死者行方不明者が100人を超える大規模なもので、被災者に心を寄せながら、いつもの散歩に出かけた。  突然、道路の突き当たりあるビル。そこにヘリコプーターがいる。頭の中には、テレビの残像と目の前のヘリが重なる。このビルは市民病院だからドクターヘリがいても、なんの不思議でもないのに、見ているこちらが狼狽えるから、人間の頭とはおかしなものだ。  事故なのか、病気なのか、どこから来た... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/08 14:56
逢坂越えの車道・車石
逢坂越えの車道・車石  逢坂越えの車道・車石である。標高170mの逢坂の関へは、なだらかな登り。下社・上社の蝉丸神社を参拝し、帰り道で出くわした。東海道に面した逢坂小学校にあった。大津駅で頂いた手書きの地図にも書いて欲しいと思った。  石畳の江戸期の街道はよく見かけるが、数センチにもなるくぼみを見たことがない。車道は幅2.7mで真ん中が牛道、両側にある石は約縦30p横60p。石の真ん中のくぼみは牛車の車輪跡である。大津港で陸揚げされた米などの物資を京都へ運ぶ幹線道路で、江戸時代の1804年から05年につくられた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/29 08:34
オニヤンマと近江八幡堀
オニヤンマと近江八幡堀  ブルッと身震いする感覚を覚えた。足下にオニヤンマがいるではないか。この姿をはっきり見るのは、子どものころ以来ではないか。子どものころだって滅多にお目にかかれるオニヤンマではない。覗き込むように見ても、カメラを向けても逃げるどころか、にらみ返されているような感じだ。  ここは滋賀県の近江八幡の八幡堀である。雨上がりで堀は濁っていたが、観光客を乗せた小舟が行き交う。そんな堀端を歩く、足下に現れたオニヤンマである。  この八幡堀も、高度成長時代は見捨てられたドブ川だった。経済成長が、何にも優... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/25 11:50
初夏の藤棚とベンチ
初夏の藤棚とベンチ    憂鬱な梅雨から抜け出した晴天だが、もう30度近い。そけでも、街中の田んぼの水面を通り抜けてくる風は、涼しく感じる。アジサイの花が所々に咲き誇っている。  白い蝶が私の前を横切った。その先に誰もいない公園。ちょと小高くなった一角に藤棚とベンチがある。真っ青な青空に、一つ、二つ、三つと数えることができる小さな雲。夏も本格化か?。もう、今年も半分が過ぎていく。  公園のすぐ隣の小学校からは、子ども達の元気な声が、こだまする。3年生くらいの男の子が、元気のない声で「こんにちわ〜」と挨拶をす... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/22 15:03
米朝会談−北東アジア非核化への一歩に
 北朝鮮の完全な非核化の実現は、朝鮮半島の非核化だげではなく北東アジアの非核化につながる。6月12日の史上初の米朝会談は、その始まりの第一歩と受け止めた。米朝共同声明は、北朝鮮の「完全な非核化」とアメリカの北朝鮮に対する「安全の保証の提供」を約束する「包括的」ものである。そして、「後続の交渉」を行うことを約束した。北朝鮮の非核化には10〜15年かかるというのが、アメリカのロスアラモス研究所の報告だ。トランプ大統領の非核化には「科学的には長い時間がかかる」との発言は重要である。  ところが、北... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/13 09:38
雑草・八重咲きのドクダミ
雑草・八重咲きのドクダミ  雨に打たれる小さく真っ白な花。八重咲きのドクダミである。八重咲きの花か可愛いからと、譲り受けて数年。細い地下茎をどんどん伸ばして盛んに増えつづけ、我が家の小さな庭の一角に群がるように咲いている。  茎の上に柄を出して薄黄色の穂状の花の集団(花序)があるのが一般にみられるドクダミ。八重咲きのドクダミは花序を腋(わき)に抱く葉が花のようにみえる。我が家の日当たりよいところにはドクダミの栽培種である葉の周りが紅くなった「カメレオン」というドクダミも咲いている。  家の周りや空き地などの植物を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/11 15:06
押し寄せる欠陥、問われる「働き方改革」
 「裁量労働の労働時間は一般労働者より短い」は、データのねつ造でした。「年間残業協定が1000時間超えで、実際に1000時間働かせた事業所は3.9%」は、実際は48.5%でした。「月100時間越の残業は医師の面談がある」から大丈夫は、医師の面談後も働きなさいということでした。そのうえ、月をまたいで30日間で150時間以上残業しても、法律違反ではありません、ということでした。さらには、決められたミーティングは時間配分に制限があるから高プロに該当しないという。   「格差是正」は本当かと突っ込まれ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/08 14:32
君、片足でいつまで身動きしないの?
君、片足でいつまで身動きしないの?  小雨の降る中、じいっと水面を見ている鳥。サギの仲間か?。まったく動かない。ここは富山城趾のお堀。そのお堀に突き出た、水を浄化するための噴水口の上にいる。  写真を拡大して、発見したのだが、片足だけで立っている。数枚撮った写真のどれを見ても片足である。両足を乗せる面積がないのか、片足で立つ習性なのか、分からないが、この姿勢のままでまったく動かない。  こんな姿を見るのは、これで二回目である。カモが群れで泳いでいるのはよく見るが、小魚がいるのか。それとも虫などを狙っているのか。動くまで私も... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/06 16:26
これでいいのか?
これでいいのか?  「ハイ、これでいいのです」と言われるだろうが、こんな光景を見るたびに、「これでいいのか」と思う。  写真は、街路灯に巻き付けるようにした花の手入れを終えたところである。このハンギングバスケットは、セントラムという路面電車沿いや市役所前通りなどにある。  炎天下の真夏には、トラックに水槽タンクを載せて朝夕の二回はたっぷりと水をやっている。年間の維持費は、一カ所で約31万円、約200カ所近くあるという。緊急雇用創出対策ならわからないでもないが、違う。街を花で美しく飾るのに意義があるのではな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/04 14:57
噴水広場で、思い出すのは
噴水広場で、思い出すのは  所用の帰り道、噴水広場に久しぶりに出かけた。随分と昔の話しだが、この噴水の手前には図書館があった。昔は、よく通った。その図書館は、郊外の丘陵地に移転して、今ではすっかり遠のいてしまった。  噴水を眺めながら友人と二人。ベンチに腰掛けて笑顔で写った写真がアルバムにある。40年近くの前のものだ。その友人、その数年後にこの世を去ってしまった。  噴水広場の一角で、テントを張って鉢巻き姿の労働者達が座り込みをしたこともあった。国鉄の分割民営化に反対する人たち。今は、JRでもなく、第三セクター鉄... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/28 20:17
問われている。銀行って何だ!!
 「銀行業界に夢を持って飛び込んで」と、全国銀行協会会長が先日、学生たちに呼びかけた。銀行は、いまや人気低迷である。2019年卒のトップ10から三菱UFJ(前年4位)、三井住友(同6位)、みずほ(同8位)の3大銀行の名前がいずれも消えてしまった。  4月、金融庁の有識者会議は、県内に1行しかなくても単独での存続が難しい県が23県、2行分の存続が可能な県は10府県との報告書を発表した。3月決算では、先の3大メガバンクともに実質業務純益は15.5%から27.1%減と大きく落ち込んでしまった。大手地... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/24 15:27
ビオトープのスイレン
ビオトープのスイレン  ミズスマシが水面を走り抜けていたのがつい2週間ほど前。今は、赤と白のスイレンが、それぞれ小さな塊になって一斉に咲く。数年前に数輪の花が咲く程度であったが、多年草のスイレン、泥中を塊茎状となって水面に浮かぶ。  このビオトープが造られて10年ほど経っただろうか、地域の人たちが子供たちと共につくった。当初は、子供たちが珍しそうに、池をの覗き込み、周りに遊んでいたが、今は大人たちが立ち止まってスイレンを眺める姿がある。  近くの水田は水を一杯ためている。小川で、タガメなどを取って自慢し、ドジ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/20 16:04
「消費不況」にうなされる日本経済
 今年1月から3月期の国内総生産(GDP)の伸び率がマイナスになった。速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.2%減である。GDPの個人消費は前期比で減、2期ぶりのマイナスである。企業の設備投資も6期ぶりのマイナスだ。住宅の新規着工も減少した。  中小企業白書によると1990年代以降、小売業など中小企業が減少し続けている。1996年には153万社であったものが、2014年までに約86万社減少し、67万社になった。大型店の進出による影響や消費者ニーズへの対応が大きな要因ではあるが、それで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/17 15:33
真夏日の昼下がりの公園
真夏日の昼下がりの公園  まさに真夏日、気温32度を記録した。日課の午後の散歩はどうしょうか、迷ったが外に出ると意外に風があって昨日より過ごしやすい感じがする。それでも歩き出せば汗ばむ。  日陰や木陰は涼しく感じる。自宅近くの公園に出かけた。木陰はやはり涼しい。少し大きめの石に、いつものように腰掛けて汗ばんだ身体から熱が逃げていくのを待った。新緑の緑がところどころ陽に照らされた若葉がまばゆい。  公園の中のこのクネクネとした道を一周すると約300mである。毎年、真夏の午後の散歩は中止にして、夕方に三周ぐらい小走... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/16 15:13
天険親不知の旧北陸本線廃線跡
天険親不知の旧北陸本線廃線跡  「天険親不知」を貫通した初代北陸本線廃線跡である。1912年から1965年の53年間旅客と貨物の輸送を担ったが、北陸本線の複線化により廃止された。  写真は、「親不知ずい道」(旧親不知トンネル)の前当たりにカメラを構えて撮った。「天険」とは、地勢の険しい所。自然の要害という意味だから、かなりの難工事であったろう。レンガ造りの「親不知ずい道」。レンガは、糸魚川から船で運んできてイギリスの工法に学んで造られたという。  北陸本線は、1965年に電化、1969年には複線化になった。しかし、2... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/13 14:18
親不知子不知
親不知子不知  写真は、富山県と新潟県の境にある「親不知子不知」。ご覧のように、波打ち際を抜ける街道の難所である。「親不知子不知」は、あまり道が険しく、親子でその道を歩く時は、親は子供をかばうことが、子供は親に頼る事ができない、それほど危険の場所、という意味である。  しかし、春から夏の日本海は、とても波静かで北前船航路として北海道から下関、瀬戸内海を通って大阪への日本の物流の基幹になった。自動車による陸上物流が主力になるなかで道路整備がすすめられた。その国道8号線も今では随分と幅を広げて通りやすくなっ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/12 14:55
有り触れた山道なのに、ホッ!
有り触れた山道なのに、ホッ!  5月連休最後の日、妻とドライブに出かけた。帰り道に選んだのが飛騨古川から上宝村へ抜ける山道である。2〜3回も通り抜けている道なので気軽に入り込んだ。  ところが、通行止めの標識。あまり考えもしないで山道に入り込んだ。車一台がやっと通り抜けることができる細い道だ。所々に「山菜採り禁止」の立て札。熊なのか、イノシシなのか、鉄檻の罠も所々にある。完全に道に迷ってしまった。「道に迷った」と思うと、とたんに不安になる。  持っていた地図を見るがとんと見当がつかない。とにかく、下り坂になる道を選ん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/07 11:47

続きを見る

トップへ

月別リンク

硝子戸の中からピンポイントコラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる