硝子戸の中からピンポイントコラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 「消費不況」にうなされる日本経済

<<   作成日時 : 2018/05/17 15:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年1月から3月期の国内総生産(GDP)の伸び率がマイナスになった。速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.2%減である。GDPの個人消費は前期比で減、2期ぶりのマイナスである。企業の設備投資も6期ぶりのマイナスだ。住宅の新規着工も減少した。
 中小企業白書によると1990年代以降、小売業など中小企業が減少し続けている。1996年には153万社であったものが、2014年までに約86万社減少し、67万社になった。大型店の進出による影響や消費者ニーズへの対応が大きな要因ではあるが、それで片付けるわけにはいかない。
 最大の問題は、個人消費の低迷である。私の周りをみても、みなさん本当に慎ましやかに暮らしている。収入が増えないことと、将来への不安が背景にある。非正規雇用の急減増大による賃金抑制が大きい。そして、2014年4月の5%から8%への消費税増税に耐えきれない国民生活が広範囲にあることだ。
 これが「アベノミクス」の正体だ。加計学園の獣医学部新設などにあらわれたように特区なんかをつくって支援し、国政を私物化する、そして公文書も改ざんする。これがアベノミクスの行くつく先ではなかろうか。
 いまや、「アベノミクス」のもとで、日本経済が「消費不況」に魘(うな)されている

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「消費不況」にうなされる日本経済 硝子戸の中からピンポイントコラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる